Bushido 2014でできること

  • 「Bushido 2014」は自国の文化について様々な
    発見をし、世界に伝える教育プログラムです。
    • 日本文化の再発見!

      今年は歌舞伎・和太鼓・書道・醤油!

    • 英語でプレゼンテーション!

      日本文化の良さを知らない人にどう伝えるか、
      考えてまとめる!それを英語に翻訳して伝える!

    • 世界に向けて発信!

      プレゼンテーション動画をwebから全世界へ発信!
      学んだ事を活かして国際人へのスタートにしよう。 自ら広めていく人になろう。

    今回のプログラム

  • 1.これらの「ニッポン」の文化を象徴するテーマを調べたり、実際に体験したりします。
  • 2.プレゼンテーションのアイディアを練り、英語で発表する方法を学びます。
  • 3.当日は外国人の前で発表。その様子は動画でウェブにもアップされます。
  • 太鼓とニッポン
    歌舞伎とニッポン
    食べ物とニッポン
    書道とニッポン

    「Bushido 2014」開催にあたって

    皆さんは新渡戸稲造さんの書いたBUSHIDO(武士道)を知っていますか?

    BUSHIDOは、1899年に英語で書かれ、アメリカで発売された本です。発売されるやいなやアメリカでベストセラーとなり、当時のアメリカ大統領、セオドア・ルーズベルトはいたく感動し、50~60冊を買い、友人や主要閣僚、世界の要人におすすめしたい本として贈ったと言います。

    ところでなぜ武士道は書かれたのでしょうか?
    それは新渡戸稲造さんがある日外国人の方に、「なぜ日本人は宗教の信仰が薄いのにあんなに道徳心がしっかりとしているのか?」 と尋ねられたことによります。
    世界の中でも稀に見る道徳心の高さと言われる日本人の精神性を武士道にて説明したのです。

    日本きっての国際人であった新渡戸稲造さんは奥様もアメリカ人で、いつも日本のことを外から見る視点を持っていたのです。

    現代の世界はグローバル社会と呼ばれ、これからの日本人はより一層海外の人々とたくさん仕事をするようになるでしょう。そこで最も大切なことは、何でしょうか?

    それは、自分の国のこと、自分の国の文化がキチンと説明出来ることです。これが出来て初めて国際社会で必要なコミュニケーションがはじまるのです。

    今までの日本人は、よく外国人から自分の国のことを知らない、と言われてきました。海外に出て初めてそのことに気づいた人も多くいました。

    さぁ、皆さん。真の国際人デビューの第一歩です!自分の国のことをしっかり学びましょう。一生の財産に必ずなります。

    放課後NPOアフタースクール 代表 平岩 国泰

    募集要項

    内 容:2014年7/25(金)・31(木)・8/5(火)・8(金)の平日午後4回のプログラムと、
        8/9(土)の発表会を予定


    時間:7/25(金)・31(木)・8/5(火)・8(金) 13:30-16:30
       8/9(土) 10:30-16:30予定


    スケジュール:1日目 日本文化体験
           2日目 日本文化体験
           3日目 プレゼン勉強&準備
           4日目 プレゼン準備
           5日目 リハーサル&発表会


    対象:期間中に行われる、プログラムのうち、3回以上のプログラムと発表会に参加できる中高生の方

    参加費:無料 (※交通費、宿泊費は各自でご手配、ご負担下さい)

    場所:新渡戸文化学園 〒164-8638 東京都中野区本町6-38-1

    主 催:放課後NPOアフタースクール

    受付締切: 7/23(水)
    ※定員になり次第、締切る事があります。


    [募集受付フォーム]
    募集受付ページへ

    [その他お問い合わせ]
    お問い合わせページへ

    アクセスマップ

    BUSHIDO NEWS
    October 7, 2013 6:17 AM UP
    Bushido Camp 2013 ありがとうございました。
    今年の夏、日本の子どもたちが、日本の良さ、 自国の文化について様々な発見をし、世界に伝える5日間のプ...