Bushido Camp 2013 ありがとうございました。

今年の夏、日本の子どもたちが、日本の良さ、
自国の文化について様々な発見をし、世界に伝える5日間のプログラム、
『Bushido Camp 2013』を行いました。

b1.JPG

世界の中でも『稀に見る道徳心の高さ』と言われる日本人の精神性を、
英語で「武士道」を通して説明した世界的ベストセラーの本、
「BUSHIDO」の精神を現代に蘇らせるプログラムです。

告知は狭い範囲に限られたものでしたが、
それでも10名の志高い、中学生〜高校生の男女から応募がありました。

それぞれの日程の様子を振り返ってみましょう。

★day1『はじめまして』

【行程】
・日本文化を学ぶ、発表のオリエンテーション
・講師紹介
・発表テーマの選択


子どもたちに、学んで発表してみたいテーマを選んでもらいました。

b1.1.JPG

【オリエンテーションの様子】
武道『道の意味、こころについて』

b2.JPG

礼法『こころについてと実技』

b3.JPG

茶道『実演』

b4.JPG

味噌『原料や種類、歴史の話』

b5.JPG


【宿題】
選んだテーマについて発表の大まかな台本を書いてくる


★day2『実際に学んでみよう』

【行程】
・各グループ選んだテーマの先生に弟子入り
・それぞれ発表を意識したオリエンテーション
・雰囲気作りのための衣装も確認


【オリエンテーションの様子】
武道

b6.JPG

実技を学びながら、
講師にサポートしてもらいながら子どもが考えた、
台本の流れを確認しました。

礼法

b7.JPG

実技を学びながら、子どもが台本をイメージ、
相談しながら流れを確認しました。

茶道

b8.JPG

実技を学びながら、子どもとサポーターで台本をイメージ、
相談しながら流れを確認しました。

味噌

b9.JPG

実際に味噌を作りながら、台本をイメージ。
随所に質問をしていました。

【振り返り】
各グループが発表イメージを共有。
次回はこれらを具現化していきます。

b10.JPG

【宿題】
日本語でプレゼンテーション台本を作成。
一度完成させてくる。

★day3『英語に訳そう。プレゼンしよう。』

【行程】
・各自完成させたプレゼンテーション台本の英訳
・プレゼンテーションのリハーサル


【オリエンテーションの様子】
いよいよ英語に訳していきます。

b11.JPG

新渡戸文化学園、千駄ヶ谷日本語学校よりご協力頂き、
英語講師をお迎えしました。

b12.JPG

また、グロービス経営大学院受講生の江原潤さんより、
プレゼンテーションの基本を学びます。

b13.JPG

外国人企業によるプレゼン映像や、
相手に言いたい事を伝えるためのポイントや、
話し方、立ち方、目配りなどです。

b14.JPG


【宿題】
英訳しきれなかったところは各自で行う


★day4『本番直前!最終確認。』

・各グループ英訳の最終確認
・リハーサル
英訳も終わり、表現方法の確認に入ります。

b16.JPG

プレゼンテーションで聴き手を引き込むには?
悩みます。

b17.JPG

アイデアを出し合います。

b18.JPG

ひとグループごとにリハーサルを行い、
振り返りをします。

b19.JPG

プレゼンテーションは完成したのでしょうか?

いざ本番へ!

【宿題】最終確認

★day5『本番』


いよいよ発表!

最後まで工夫を凝らしていた各グループ、
開始直前まで打ち合わせが続きます。

b20.JPG

無事プレゼンテーションを終える事が出来るのでしょうか?
気合いを入れます。

b20.1.JPG

【発表!】

①茶道

b21.JPG

b22.JPG

この日を楽しみにしてくれていた、
中学生プレゼンターが残念ながら、
体調不良でお休みとなってしまいました。

プレゼンターのサポートをしてくれていた10代の大学生が、
一人二役でプレゼンテーションをしてくれました。


②礼法

b23.JPG

b24.JPG

お二人の英語力、そして「聞いてもらおう!」という想い、
悩みに悩んだ文、構成はとても丁寧でかつ、ユーモアもありました。
発表に会場も笑いに包まれました。


③武道

b25.JPG

b26.JPG

男の子らしくアクションを交えたプレゼンテーション。
「押忍!」のかけ声に会場も熱気を帯びてきました。
米国で大活躍する有名野球選手のモノマネも?


④味噌

b27.JPG

b28.JPG

熱のこもったプレゼンテーション、試食で聴衆にも動きをだしたり、
外国人にオススメする味噌を使った料理のオリジナルレシピまで登場し、
会場を引き込んで居ました。

b29.1.JPG

発表会終了!

最後はプレゼンター、サポーター、
先生、外国人の方と記念撮影。

b30.1.JPG

※発表の詳しい内容は、後日動画をこちらのサイト内で、
配信いたしますのでお楽しみに!

【交流会】
発表終了後は観に来てくれた、
外国人の方や社会人の方と交流会を行いました。

b31.JPG

楽しく話している間にも、
5分間の英語タイム(日本語NG)などを設けると、
皆さん英語で積極的にコミュニケーションを楽しんでいました。

b32.JPG


【参加者の感想 ※一部抜粋】

『沢山の事を学べて、すごく楽しかったです!』

『とても良い経験になった!』

『新たな友だちと出逢えた』

『毎回がすごく暖かい雰囲気の中で行われていて良かった。』

『このような機会は本当に大切』

『もっと回数を増やしてほしい』

『回数を重ねて、人数を増やして、沢山交流出来る場として発展してほしい』

5日間のプログラムにご参加、ご協力頂きました皆さん、
本当にありがとうございました!

私たちも皆さんの真摯に取り組む姿から、
大変多くのものを学ばせて頂きました。

そして、このプログラムが日本の未来を考える、
とても重要な取り組みである事も再認識させて頂きました。

また来年も、よりパワーアップして開催できたらと思います。
またのご参加お待ちしております。

よろしくお願いいたします。

b33.JPG

次回開催をご期待ください。

Bushido2013、本日発表会でした!

BushidoCamp2013、本日発表会無事終了しました。
中高生の見事なプレゼンテーションに感動いたしました。

IMG_2514_R.JPG

みんな堂々と、日本文化について英語で語りました!
見に来てくれた大勢の観客の心に、しっかり日本文化の心を伝えてくれました。
IMG_2525_R.JPG

IMG_2534_R.JPG

最後はみんなで交流会。
英語が飛び交うまさに国際色豊かな会となりました。
IMG_2572_R.JPG

近日、発表会の様子を動画でアップします。お楽しみに!

Bushido Camp 2013、いよいよ始まりました!

day1の様子

オープニング
P1010075_R.JPG

P1010070_R.JPG

日本文化の学び(茶道、礼法、武道、食)
day1は、各日本文化の歴史や心得などを中心に学びます。

P1010084_R.JPG

P1010094_R.JPG

P1010079_R.JPG

P1010080_R.JPG

まとめ
「お茶を飲む際に3回まわす意味や、器の柄が関係していることがわかった」
「武道は怖いイメージがあったが、思いやりの心がベースになっていることを知った」
「みそは日本に古くから伝わる発酵技術によってできている」
など、多くの学びがあったようです。

BUSIDHO CAMP 2013

bushido_h1_logo.jpg

【募集要項】

プログラム:2013年8月20日(火)、22日(木)、27日(火)、30日(金)の午後

※プログラム3回以上と発表会にご参加ください

発表会:8月31日(土)

対象:中学生~高校生

募集人数:15名

※お申し込み多数の場合は、先着順とさせて頂きます。

参加費:無料(※交通費、宿泊費は各自でご手配、ご負担下さい)

場所:新渡戸文化学園 〒164-8638 東京都中野区本町6-38-1

※参加はお子様のみとなっています。

※保護者の方の見学希望は、会場の都合上、発表会のみとさせて頂きます。

※お申し込み後のキャンセルは8/8(木)までにお願い致します。

BUSIDHO CAMP 2013 WEBサイト

BUSHIDO 2013 特設サイトをオープン致しました。

BUSHIDO NEWS
October 7, 2013 6:17 AM UP
Bushido Camp 2013 ありがとうございました。
今年の夏、日本の子どもたちが、日本の良さ、 自国の文化について様々な発見をし、世界に伝える5日間のプ...